大切なお金だからこそ有意義に使おう

長期保存で持ち越し

こういった場合に便利なものが非常食のような長期保存可能なものや缶詰のように密閉されているものです。
これらのものは一年以上は期限があるため買い貯めるにはとても適しています。
賞味期限も味が落ちる目安であるため気にしないという人ならば多少過ぎても食べることができます。
しかし、製品によって劣化の速度に違いがあるため、よく調べてから食べたほうがいいです。

缶詰は単純に保存食としても優秀ですが、料理の一品としても、材料の一つとしても使えるのであると便利です。
缶詰BARのような飲食店もあるほど種類が豊富です。

また、これらの保存食は災害時にとても重要な存在となるため、買っておくべきです。
「備えあれば患いなし」、この機会に色々探してみましょう。

何がおすすめ?

一言で保存ができるものといってもたくさんあります。
買っておくならば期限がとにかく長いものを買っておきたいものです。
長いものでは5年程保つためとても便利です。

非常食はやはり非常時に備えてのものであるため、年単位になってます。
有名なものとしては水を入れてできるご飯やパンといったものです。
ご飯にしても種類があるので単調になることないので安心です。

缶詰のような保存食は製造時に密閉され熱で殺菌されているため、缶の中身は無菌状態となっています。
そのため基本腐ることはありません。
しかし、缶詰が錆びてしまっている場合や膨らんでいたり変形している場合はどこかにキズや破損箇所がある可能性があるので処分してしまいましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る